ざわちん 洗顔

ざわちん洗顔 『二十年ほいっぷ』経過報告【1日目】

ざわちん洗顔 『二十年ほいっぷ』経過報告【2週間目】

 

 

ざわちん洗顔 『二十年ほいっぷ』は効果なし~ッ!

 

使いはじめて2週間…
私の頭の中にはこんな思いが溢れかえっていました。

 

 

 

あんなに期待して始めたのに…

 

また一から探さなくちゃいけないの?

 

 

そう思ったら
涙と怒りがこみ上げて、爆発してしまいました。

 

 

『二十年ほいっぷ』は効果が出ない!その驚きの理由とは?

 

 

 

そんな私の姿を見た娘が一言。

 

 

つーかさ。
怒るのはいいけど、まだ残りあるんでしょ?

 

もったいないから全部使いなよ。


 

 

あ・・・  そうだよね。
お金払ったんだから全部使おう…
もぅ、いいや。くすんでたって仕方ない…


 

 

そして…

 

ついでなので、体験レポートも引き続き書いて行こうと思いました。

 

まぁ、効果なかったらなかったで、ありのまま書けばいいだけのこと…

 

(でも、期待してた分、ショックが大きい…涙)

なぜ効果が薄いのかわかった!衝撃の理由とは?

なんだか思うような成果が出てこない…

 

 

どうしてだろう…??
やっぱり、合わなかったのね…


 

 

お母さんさ~、そうやってすぐあきらめるのやめたら??

 

どうやって使ってるの?  洗ってるとこ見せて!


 

 

___洗顔する私____

 

 

 

あぁ!わかった!!
お母さん、それ洗い方間違ってるよ!


 

 

えぇぇぇ??そうなの??
だって、ちゃんと説明書通りに洗ってるはずよ!


 

 

ぜーんぜん、違う~
だって・・・肝心なところが間違ってるもの。

 

それはね・・・

 


説明書通り洗ってるつもりが間違ってた?だから効果が薄いのか…

私がいつの間にか陥っていた

間違った洗顔方法

 

 

『二十年ほいっぷ』に合った

洗顔方法

 

ネットに濡らす時に『水』を使っていた ネットには『ぬるま湯』を使うこと
 「もったいない」と感じ、『二十年ほいっぷ』を少量しか使わなかった  少なすぎると効果が薄くなるので、必ず適量を使用すること
 ネットを濡らせば濡らす程、泡立つと勘違いしていた  ネットを大量に濡らすのは御法度。泡があまり立たない時は、少しづつお湯を足すこと

 

 

最初に動画を撮った時には
しっかりと説明書通りにできたはずなのに…

 

知らず知らずのうちに『自己流洗顔方法』になっていたんですね(;´Д`)

 

初心に戻り、しっかりと効果を試していこうと思います!

なぜ私の肌がくすんだの?本当に薄くなるの?

実は、くすみには二種類あるんですって。

 

 

皮脂膜のくすみ

 …皮膚表面にこびりついている汚れが原因のくすみのこと

 

 

角質層のくすみ

 …乾燥した肌が、潤いを閉じ込めようと角質層を厚くし、
   肌の透明感が失われることが原因のくすみのこと

 

 

 

これを知った時に、背筋がゾクっとしました。
なぜなら…

 

 

 

お肌をキレイにできる洗顔を探していると、
知らず知らずのうちに洗浄力が強いものを選んでしまいがちになってしまいますよね。

 

洗浄力が強いものを使えば使う程、洗った後にお肌が突っ張ってしまい、
結果的にお肌の水分が足りなくなってしまうじゃないですか~。


 

 

ということは?

 

皮脂膜のくすみを何とかしようと洗顔
   ↓
肌が突っ張る
   ↓
そのまま角質層のくすみを招いてしまう

 

                           …という悪循環に陥ってしまうということです。

 

 

「これじゃあ、くすみなんて無くならないじゃないの~ッ!!」

 

「くすんだままの肌で老いていく自分は仕方がないのかも…」

 

 

と…以前の私ならそう思っていたでしょうね。

 

 

でも、今の私は

 

『二十年ほいっぷ』に全身全霊をかけてますので 前進あるのみです!

 

 

\ものまねメイクのざわちんが愛用 くすみ専用洗顔/

 

 

 

 

『二十年ほいっぷ』 経過報告【3週間目】